読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子と中学受験2018

出遅れスタート備忘録

新学年クラス分けテスト

新学年向けテストってこの時期は多いですよね。
内容は「実力テスト」と言ったところでしょうか。

息子の塾でも先日行われ、結果も返却されました。
結果
社会≧国語>>理科≧平均点≧算数
4科偏差値54
算数、どうしちゃったのー!(´;ω;`)
冬休み中は苦手の国社を復習(ダラダラでしたがw)。なんとなく「やれば出来る?」って感覚を掴んでくれた模様。ヨカッタ。
が、国社復習で集中力体力切れて、算数は放置。
大問前半の1行問題は、計算凡ミスがチラホラ。コレが無ければ平均点以上とれてます。。。実力不足。
大問後半の応用ガッツリ系は、前半部分(①)果敢に挑むも後半(②)の答えまで辿り着かず( ̄^ ̄)そもそも①が合ってないから解けないのね〜…
(余談:算数担当講師によると今回の応用ガッツリ問題はかなり難しいから相当実力のある子でないと無理、入試問題と変わらない難度ですとの事でした…)
理科は前に習った単元の知識系は忘却の彼方に。
はあ〜、コレあと11ヶ月でなんとかなるのかしら…

いよいよ来月から新6年の授業開始。
焦って詰め込みすぎても潰れちゃうから、なんとか効率良い方法を考えねば。今更の計算凡ミスは無くしたいところ。センス(ひらめき?)だけの算数は危険。
少しテコ入れします。